お知らせ内容をここに入力してください。

電動歯ブラシのサブスク・Lillyの使用レビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

巷には電動歯ブラシのサブスクがいくつかあります。

私は今までガレイドデンタルメンバーというサブスクサービスを利用してきましたが、ふと他社のサブスクサービスも気になったので、今回Lillyという商品を使ってみました。

Lillyとガレイド、2つのサービスを利用してみて性能やコストの違いがよくよくわかりましたよ!

今回はガレイドとの違いに少し触れながら、Lillyについてのレビュー記事になっています。

Lillyは振動の強さ、磨き終わった後のツルツル具合が際立っています。
また、充電スタンドやカラバリ、替えブラシにもカバーが付属すること、充電忘れ対策のクイックチャージなど細かい気配りも感じられます。

デメリットはやはりコスト
月々のランニングコストはガレイドと比較するとお高いのです…。

コスト重視ならガレイド、性能重視ならLillyをおすすめします。
電動歯ブラシのサブスクが気になる方、ぜひ続きをご覧ください。

この記事はこんな方におすすめです
  • 電動歯ブラシを使ってみたいけど、初期費用が気になる方
  • 電動歯ブラシのサブスクが気になる方
  • ガレイドの電動歯ブラシと比較したい方

本記事以上にガレイドデンタルメンバーとLillyを徹底比較しています。

【ガレイドデンタルメンバーとLilly】電動歯ブラシのサブスク比較

スポンサーリンク
目次

電動歯ブラシのサブスク・Lillyとは?

Lillyは電動歯ブラシのサブスク(月額課金制)サービスです。
スペックやシステムは以下のとおり。

料金定期配送:初回から12ヶ月間は月2,480円(税込)
それ以降は月800円(送料無料)で毎月替えブラシをお届け
単品購入:本体33,000円、替えブラシ:3本3,600円
本体サイズ約19.7cm
(替えブラシ込みで約26cm)
重量本体:約136g
替えブラシ:約5g
カラバリ本体:ホワイト/ブラック/ピンク/ネイビー
替えブラシ:ホワイト/ブラック
充電方法ワイヤレス充電
クイックチャージ:2分間で1回分の充電が可能
使用可能日数約70日間ご利用可能
(1日2回使用の場合)
モード数5パターン
自動停止2分間
防水レベルIPX7
\定期便とセットで本体を購入すると3,240円お得/
Lilly公式サイト

Lillyを実際に開封

開封

Lillyはレターパックプラスに入って郵送されてきました。
外箱はこんな感じです。

箱の中はこんな感じで、本体、充電スタンド、充電ケーブル、替えブラシ2本、取り扱い説明書が入っています。
私はネイビーを注文しました。

仕様

管理人

参考までに、他社の電動歯ブラシのサブスクサービス「ガレイドデンタルメンバー」の商品とサイズなどを比較しています。

本体サイズ

本体は約19.7cm、替えブラシは約8.5mmです。
替えブラシをつけた状態では全長約26cmになります。

替えブラシなし(左:Lilly、右:ガレイド)
替えブラシあり(左:Lilly、右:ガレイド)

重量

重量は本体:約136g、替えブラシ:約5g。
結構重たく感じます。

Lilly:141g
ガレイド:67g

参考までに140gとは週刊少年ジャンプと同じ重さです。
70gはツナ缶くらいだそうです。

替えブラシの形状

ブラシの形状は斜めにカットされています。
毛先は丸くカットされていて、⻭茎が敏感で出⾎しやすい⽅にもおすすめとのこと。

替えブラシにはカバーが付属
左:Lilly、右:ガレイド(子ども用)

ガレイドの大人用替えブラシが手元になく、比較ができなくて申し訳ないです。

個人的には替えブラシにもカバーが付属することが嬉しいです。

2023/9追記

毎月交換する替えブラシが届きました!
形状が少し変わっていたので、ご参考までに。

キャップが少し高級に!
左:今回 右:初回の付属品
裏側がデコボコしている
“Ruth Oule sonic wave”と記載

本体・替えブラシのカラーバリエーション

本体はホワイト/ブラック/ピンク/ネイビーの5色展開。

替えブラシはホワイト/ブラックの2色。
本体色がブラック/ネイビー:替えブラシはブラック
本体色がホワイト/ピンク:替えブラシはホワイト

充電スタンド・充電ケーブル

充電スタンドが付属しています。

ケーブルの全長は約1m(約98.9cm)。
ケーブルの電源部分はUSB Type-A、スタンドとの接続部分はUSB Type-Bになっており、本体をスタンドに置くことでワイヤレス充電ができる仕様です。

スタンドと充電ケーブル
充電中は光ります。

充電のもち

1日2回使用の想定で約70日間、充電がもちます。
ついうっかり充電を忘れたときでも「2分間で1回分の充電が可能」なクイックチャージ機能あり。

モード数

全部で5パターンあります。

Clean
高周波の振動で、歯をきれいに磨けます。
日常的なご使用におすすめです。

White
歯の表面のステイン(着色汚れ)を除去し、歯を白くします。

Gingiva
歯茎をやさしくマッサージします。

Massage
クリーンモードより少し弱い振動で歯を磨けます。

Tongue
特殊な振動で舌をきれいに磨けます。

管理人

電動歯ブラシで舌の掃除もできることはありがたい!

防水レベル

完全な防水構造(IPX7)なので、お風呂でも歯磨きできますよ。
※充電は水気のない場所で行う必要があります。

防水規格 IPX7とは?

IPX7(浸水に対する保護等級)とは、常温の水道水(静水)の水深1mの位置で30分間水没させて取り出しても、動作に影響がないことを意味します。

Lillyのメリット・デメリット

デメリット(注意点)

デメリット
  • 本体が大きくて重たい
  • 専用スタンドを使わないと充電不可
  • 替えブラシの選択肢がない
  • 値段が高い

本体が大きくて重たい

本体の全長が約19.7cm(替えブラシありで約26cm)、重さは約136g(替えブラシありで約141g)。

大きめの本体のため、持ち運びに適しているとはお世辞にも言えません。
今まで使っていた電動歯ブラシと比較しても2倍以上重たいので、歯を磨いているときもずっしりと重さを感じます。

専用スタンドを使わないと充電不可

本体にはケーブルを差し込む場所がなく、スタンドを使っての充電が必須です。
持ち出した先での充電が不便と思いましたが、充電のもちが70日間ととてもいいので、そもそも出先で充電する機会がありません。

よって、充電するのにスタンドが必須なのはデメリットではなく、置き場所が固定できるというメリットといえます。

替えブラシの選択肢がない

Lillyでは替えブラシは1種類でカラーがホワイト/ブラックから選べるだけで、子ども用やブラシの硬さを選ぶことができません。

私は大きいブラシだとえづきやすいので、他社では子ども用の替えブラシを選んでいました。
そのため、私にとって替えブラシの選択肢がないことはかなりの懸念です。

実際に使ってみると替えブラシのヘッド自体はそこまで大きいものではなく、特にえづくこともなかったので安心しました。

ですが、小さな子どもには使えないというのが正直な感想です。
今後、替えブラシもバリエーションを増やしてくれることを期待しています☺️

値段が高い

おそらく毎月かかってくるコストがLillyの最大のデメリット。

Lillyは単品で購入すると33,000円(税込)の電動歯ブラシです。

定期便にすると毎月以下の料金が発生します(単品購入よりも3,240円お得)。
・初回〜12ヶ月間:月2,480円
・それ以降:月800円

1年間は本体代を分割して支払うイメージです。
その1年間は替えブラシ代が実質無料で、13回目の支払いから替えブラシの料金が発生します。

ちょっとわかりにくいので図にしました。
(※単品購入・定期配送のどちらも配送料は無料)

スクロールできます
単品購入定期配送
本体33,000円
*替えブラシ2本付属
12回払いの分割:2,480円×12回=29,760円
替えブラシ3,600円/3本
1本あたり1,200円
800円/1本(毎月配送)
*本体代を支払っている1年間は無料
1年目のコスト本体代:33,000円
替えブラシ代:1,200×10か月*1=12,000円
合計:45,000円
29,760円
替えブラシ代は発生しない。
2年目以降の
コスト
替えブラシ代
1,200円×12=14,400円
替えブラシ代
800円×12=9,600円
*1:1か月に1本使用と仮定。本体購入時に替えブラシが2本付属しているため、1年目の購入本数は10本となる。

ご覧いただいたとおり、コスト面で単品購入するメリットはありません。
後述しますが、本体の保証期間も単品購入と定期配送ではかわってきます。

Lillyを利用するなら、本体の保証が長く受けられ少しでもコストを抑えられる定期配送のプランがベストです。

一定の回数以下での解約の場合は手数料が発生

<定期配送の場合>

お受け取り12回以下での解約の場合は、それまでのお支払い金額と本体価格(33,000円)の差額が解約手数料として発生。

それ以降はいつ解約しても解約手数料は発生しない。

どっちにしろ他社の電動歯ブラシのサブスクと比べるとお高いイメージ…。

そうだね。
本体代の支払いが終わった13回目以降でも、コスパがいいとは言えません。

私もそう思っていたのですが、使っていくうちに以下のメリットがありコスパだけでは語れないLillyの魅力がわかりました。

メリット(良いところ)

メリット
  • 充電スタンドがある
  • 振動が強い
  • モードがわかりやすい
  • 完全防水
  • 替えの歯ブラシはポスト投函での定期配送
  • 永年修理費無料
  • カラバリがある(替え歯ブラシも)
  • 単品購入ができる

充電スタンドがある

Lilly

Lillyは充電スタンドがあるのでワイヤレスに充電ができます。
スタンドを使用することで、ずぼらな私が雑に置いても棚から転げ落ちることはなく、ただ置くだけで充電までやってくれる優れものです。

管理人

余談ですが、私が他社の電動歯ブラシのサブスクサービスを利用していて最も不満に思っていた点がスタンドがないことでした。

自他共に認めるずぼらな私は、「そろそろ切れる頃だから充電しておこう。」なんて管理・計算はいたしません(できません)。

充電が切れて初めて「充電しておくんだった(´ཀ`)」と後悔することが日常です!
置くだけで充電してくれるので、やはり「充電スタンドこそ正義」と感じています。

お子様に電動歯ブラシを検討している方、お子様に充電の管理はできそうですか?
うちの子には無理ですね…。

スマホですら充電していなくていざというときに使い物にならない現実です…。
充電スタンドいりますよね?

管理人

仮に電源に繋ぎ忘れていても、2分間で1回分の充電ができるクイックチャージという機能もあるよ!

振動が強い

Lilly

毎分39,000回の超高速振動で歯垢を除去します。
手磨きの振動数(毎分約300回)を圧倒的に上回る、およそ130倍の振動で磨き心地は圧巻です。

とLillyのHPにあります。

実際に使用すると実感するのですが、歯がツルッツル✨になります。
他社の電動歯ブラシを使っていても感動したのですが、磨いた後のツルツル具合はLillyの圧勝です。

管理人

がっつり磨けるのに血が出ないという素晴らしさ。

モードがわかりやすい

Lillyには5つのモードがあるのですが、今どのモードで磨いているのか光って教えてくれるので一目瞭然です。

Cleanモード使用中

ガレイドでは光っている場所でモードを判断していたので、正直どのモードで歯磨きしているのかわかっていませんでした。
上の写真のように使っているモードがわかりやすいのはうれしいですね!

管理人

舌を綺麗にできるモードがあることもLillyの特徴です。

完全防水

IPX7という完全な防水構造のため、お風呂の中でも歯磨きできます。
本体を観察するとわかるのですが、電源ボタンなど水が入り込む余地がないような構造でした。
*ただし充電は水気のない場所でと注意書きがあります。

替えの歯ブラシはポスト投函での定期配送

定期配送される替えブラシはポスト投函なので、非対面での受け取りができます。
配送スケジュールに合わせて在宅するような調整は必要ありませんので、ありがたいです。
*初回は本体を受け取る必要があるので、対面で配送業者から受け取る必要があります。

定期配送の頻度

替えブラシは毎月配送されます。
HP上で「歯科医師は歯ブラシの毎月交換を推奨しています」とありますので、配送されたら交換するという感覚でいます。

他社のサブスク利用時は4か月に一度まとめて4回分の配送だったので、ずぼらな私には毎月配送の方が意識せずに交換できてありがたいです。

管理人

そろそろ1か月経ったかな?という感覚ではなく、届いたら交換と思えば管理も楽ですね!

永年修理費無料

定期便を継続中に限り、期限なく本体永久保証を受けられます。
*使用者の過失・不注意により不具合が発生した場合は新品価格から50%オフで再購入。

カラバリがある(替え歯ブラシ、スタンドも)

電動歯ブラシにありがちなのが、ホワイト/ブラックの2色展開などカラバリの少なさです。
Lillyはホワイト/ブラック/ピンク/ネイビーの5色あるので、お好きな色を選べます。

インテリアに合わせた色、テンションが上がる色などご自身の好きな色に合わせることができますよ!
ただ…替えブラシがホワイト/ブラックの2色なので、そこは頑張って本体色に合わせて欲しかった…。
*充電スタンドのカラーは本体色に合わせたカラーになっています。

単品購入ができる

単品購入の価格は下記のとおりで、送料無料で購入できます。

  • 本体:33,000円(税込)
  • 替えブラシ:3本で3,600円(税込)

単品購入の場合、本体の保証期間は製品購入から180日間。
2年間保証プラン」に加入すると、月額270円で最大2年の保証を受けられます。
*2年間保証プランでは、お客様の外的事由により製品に不具合が生じた場合も、新品価格から30%オフで購入することが出来ます。

先に述べたとおり単品購入する理由は私にはありません。
ただ、単品購入という選択肢も用意されているということでメリットにあげています。

実際に使ってみて気になったこと

実際にLillyを使ってみて、まずは振動の強さに驚きました。
私は前歯を口をイーっ😁として磨くのですが、ちょっと口を開けすぎると口の中の水分やら歯磨き粉が爆ぜます。

汚い話で申し訳ないのですが、油断すると洗面所の鏡が悲惨なことに…。

参考までに

公式HPには「歯磨き粉は必要ですか?」という質問に対し、下記回答があります。

Lillyの超音波歯ブラシは、何もつけずとも効率的にブラッシングできるため、基本的に歯磨き粉は不要です。
しかし歯磨き粉に含まれる有効成分を活用したい場合は使用することを推奨しています。


歯磨き粉をつけなければ爆ぜることもマシになりますかね…?
いやでも、個人的に歯磨き粉はつけたい!

口を閉じて磨けばいいのでは?

そのとおりですね。
でも、つい癖であけちゃうんだよ!

これまで使っていたガレイドの電動歯ブラシではこのようなことはなかったので、よっぽどLillyの振動はすごいのですね(語彙力のなさよ🤔)。

Lillyとガレイドデンタルメンバーの比較記事は後日作成しますが、ひとまずガレイドデンタルメンバーの記事も読んでいただけるとありがたいです。

ガレイドの電動歯ブラシのリニューアル後のレビュー記事はこちら↓

人それぞれいろいろな感想がありますが、磨き終わった後の爽快感、充電スタンド、替えブラシの毎月の定期配送という面ではLillyの圧勝です。

一方で、コスパではガレイドデンタルメンバーに軍配が上がります。

コスパのガレイド、本体性能のLillyといったところかな?

管理人

そうだね。
どちらに重きを置くかで選択が変わるよ。

補足

2023/7/30、Lillyとガレイドデンタルメンバーを徹底比較した記事を公開しました。
こちらもぜひご覧ください😃

【ガレイドデンタルメンバーとLilly】電動歯ブラシのサブスク比較

#ad

まとめ

電動歯ブラシの定期配送サービス「Lilly」をレビューしました。

まずは振動の強さ、磨き終わった後のツルツル具合は他社サービスと比較しても際立っています。
また、充電スタンドやカラバリ、替えブラシにもカバーが付属すること、充電忘れ対策のクイックチャージなど細かい気配りも感じられます。

デメリットはやはりコスト

本体代の支払いが完了する12回目までは2,480円/月、以降は800円/月のランニングコストが発生します。
この価格は他社と比較しても高いと言えます。

ただし、他社(私が比較したのはガレイドデンタルメンバー)とは本体の性能が段違いでLillyの方が良かったのです…。

コストと本体性能、どちらに重きを置くかで今後どちらを使い続けるのかが決まるのですが、これがとても悩ましい。
私は今のところ本体代の支払いが終わる1年間はLillyを使い続けますが、個人的にはコスト重視ならガレイド、性能重視ならLillyをおすすめします。

ここまでLillyのレビューをしてきましたが、電動歯ブラシのサブスク気になりませんか?

電動歯ブラシはそれなりにお値段がするので、いざ導入しようと思っても初期投資が必要です。
でもサブスク(月額課金)での導入であれば大金は必要ありません。

お試し感覚で始められるのはありがたいですね。
興味があるならぜひお試しください。

\ 性能・気配り重視ならこちら /

\ コスト重視の方はこちら /

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ハルゴン

2才、7才の子をもつ母です。

ビールが好き、忙しいのは嫌い、楽に生きるための
労力は惜しみません。

趣味はDIY、キャンプに憧れています。

大型犬を飼って、キャンピングカーで旅に出ることが夢です。

飼い猫の様子をInstagramやYouTubeで投稿しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次